toggle

「あの選手の現在(いま)」vol.7 庭田草志(明治)

庭田 草志 (商学部4年 投手・学生コーチ 松戸国際高校出身)

 

1.大学で野球を続けた理由

 

大学で野球を続けた理由は自分自身に挑戦したかったからです。当時チーム唯一の浪人生として入部しました。周りはスポーツ推薦の選手ばかりで、名前すら覚えてもらえない日々が続きました。それでも神宮のマウンドで投げるということを目標に、毎日もがき続けました。その結果、仲間のおかげで4年春のリーグ戦において、初めて夢の舞台に立つことができました。

2.昨年のサマーリーグを振り返って

 

サマーリーグでは、普段チャンスがもらえない人にもチャンスが回ってきます。私も先発する機会を頂き、良い感覚を得ることができました。また、他の六大学の野球部と試合ができたことは、リーグ戦にあまり出られていない選手にとってとても貴重な経験となりました。

3.自分のプレースタイル

 

ストレートが決して速くないため、ボールを低めに集めてゴロでアウトを取る事を心掛けています。ストレートで三振を量産する豪快なピッチングというよりかは、気づいたら守備が終わっていたというピッチングを目指しています。