toggle
2017-06-19

「あの選手の現在」vol.3 山本恵汰(明治)

山本 恵汰 (文学部3年 外野手 愛工大名電高校出身)

 

1.大学で野球を続けた理由

高校時代は、1・2年の夏に甲子園に出場しました。3年の夏は予選で負けてしまい甲子園の出場は叶いませんでした。3年生夏に負けたことによる不完全燃焼から自分自身の中で、もう少し野球がやりたい、高いレベルで野球がやりたいと、大学でも野球を続けることを選択しました。

 

  1. 昨年のサマーリーグを振り返って

大学に入学してからは、厚い選手層の中で出場する機会が少なく、毎日を練習で過ごす日々が続きました。しかし、昨年のサマーリーグで下級生主体のチームで数多くの強豪大学と沢山の試合を経験することができました。自分の中では、課題も見つかり、モチベーションを高くもつことができました。その結果もあって、今季のリーグ戦に出場する機会を掴み、対東大戦2回戦ではホームランを放つなど、成果を目に見える形で出すことができました。

 

3.自分のプレースタイル、アピールポイント、長所

自分の武器は、バッティングと元気だと思っています。どんなチーム状態でも自分の声とバットでチームを明るくさせます。

 

山本選手の様に、サマーリーグでチャンスをつかむ選手が今年もたくさんいるでしょう!ぜひみなさん球場まで足をお運びください!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です